お豆腐をいくらでも食べられる冷奴だれのお話

冷奴って、日本でだけ食べるものなのかな?ということを考えながら34度くらいの東京の街を歩いていました。

34度って。

f:id:ma-corpus:20190805200609p:plain

暑すぎると何も食べたくないのですが、なんとなくいい大人がこれではまずいという気持ちになりお豆腐とか食べようと思いました。

みなさんはお豆腐すきですか?

「好きな食べ物ですか?お豆腐です」

と言える人に私はなんとなく憧れがあります。

なんかこう、きれいじゃないですか。

暑い日は透き通る水を飲んでいるような。

私は黒いコーラをごっくごく飲んでいます・・・。

 

わたしの好きな食べ物はコーラとエビです。(りりしい顔)

鮭マヨネーズのおにぎりとか大好きです。

お豆腐は、おいしいとは思うのですが細胞レベルでもっと濃い味を求めてしまう、ダメな人間なのです。ごめんなさい。

そういう不純な人間が、冷奴を作ろうと思います。

私はこれだと、いくらでもお豆腐が食べられるのです!

なので、「お豆腐って味がしないんだよねww実はww」という世に潜む、

隠れ豆腐適正なしの同志に向けてレシピを残したいと思います。(廃墟で殴り書き感)

いくらでもお豆腐がたべられる冷奴のたれのお話

まず、ベースのたれから。

f:id:ma-corpus:20190805200808p:plain

 

おしょうゆ、酢、ごま油、にんにくすりおろし、蜂蜜を混ぜます。

分量は基本おしょうゆ=酢=ごま油、その半量のはちみつです。

酢が苦手な方は酢をおしょうゆの2/3か半分くらいにするといいかもしれません。

にんにくは適当にいれていますが、目安はこさじ1くらいです。

f:id:ma-corpus:20190805201433p:plain

そしておしょうゆとかの半量の鶏がらスープの素をいれます。

かつおぶしを用意して待っていてくださいね。

混ぜ合わさったら、きゅうり(たたく)かオクラかズッキーニ(うすく切る)を用意してたれといっしょに混ぜ合わせます。

f:id:ma-corpus:20190805201643p:plain

こういう状態になるので、ここで適当にかつおぶしをいれます。

f:id:ma-corpus:20190805201728p:plain

それから、苦手じゃない方はうめぼしを刻んでいれます。

オクラ+梅とかつおたっぷりだとこういう感じになります。

f:id:ma-corpus:20190805201800j:plain

見た目はどうかな、という感じなのですがおいしいし酸っぱくてなんか疲れがとれる気がします(気)

めんどうだったらたれだけ作って、刻んだねぎ(コンビニとかに売っている)をかけるだけでもおいしいです!

f:id:ma-corpus:20190805201923p:plain

私はあらかじめズッキーニやオクラを冷蔵庫につけておいています。

いつでも冷奴の宴ができるように・・・。

どこかで誰かが思いついているようなことかもしれませんが、とってもおいしかったので皆さんにもお伝えしたくてかいてしまいました。

「酸っぱ!あたまおかしいんじゃないの!!」

「まずww舌やばww」

みたいなこともあるかもしれないのですが、そのときは、高いお醤油と高いお豆腐を買って忘れてくれたらうれしいです(他力本願)

冷奴をきらいにならないでくださればうれしいです(にわかからのおねがい)

夏はなんだか、酸味が強いものがほしくなります。

お豆腐をたべていると「なんだかからだによいことをしているぞ」という知性のない喜びを感じられるので、夏もみんな、しあわせでいてくださいね(* ´ ▽ ` *)ノ  

 

f:id:ma-corpus:20190805201901p:plain

それではまたおたよりします!