11月の好きなこと


〒​(•'-'•)

f:id:ma-corpus:20181109233559j:plain

 

しごと以外で出かけなければ、と自発的に思うことはあんまりない。

必要に迫られて外出すること以外に予定が入るとすこし不安になる。

心に力をいれないとなかなか飛び出していけないことが多い。

家でおとなしくしていることが好き。

人と会うのはちょっと情報が多すぎるときがある。

でも11月はちょっとちがう。いつもよりすこし外にでたい。

私はいろんな色が混ざった葉と、散ってしまったばかりの花が好き。

咲いているのも、もちろん好きだけど。

雨のいきおいに負けて細い枝が垂れるのも好き。

暑さが抜けて涼しいどころか寒くなっていくのも好き。

この前久しぶりに「プラダを着た悪魔」を見返した。

数少ない仲良い人にオネエの友達がいて、よく服を選んでもらう。

「人のは選べるのに、自分の服を選ぶのがすごく下手だね、きっと客観性が低いのだわ」と言われる。確かにと思う。自己認識が上手にできるひとを尊敬する。

私は自分の客観性を他人に担ってもらうことにあんまり抵抗がなくて、いつもへらへら「どれ着よう~」と笑っている。つける薬はなさそうだけど、秋に着られるうすいコートは好き。

今年は足首にとどきそうなほど長いのを着るよ。

たぶんなかなかかしこそうに見えます。

たくさんは食べられないのだけどたまにあんこがびっしり入ったあんぱんが食べたくなる。嘘みたいな色をしたドーナツも。明日早起きできたらどこかでたべよう。

甘いものが好き。

思い立ったとき、好きなものをすきなように食べるために普段はバランスよくいなくちゃねとかっこつけて言ったところ、アイちゃん(オネエ)におすすめの夜食をきいた。

アボカド茶漬けがいいよ、と。

アボカドも好き、おいしそうだねと言うと

「ネットにあるレシピみたいにお米はいれちゃだめだよ?」

と釘をさされた。エッッ。NOこめ。

うつくしいことはけわしい。

怒られるのがいやなので、いうことを聞いて素アボカドに鮭茶漬けをかけて注いだ。

おいしかった。

思った以上にすごくおいしくて、私はお米がなくてもだいじょうぶだった。

ただ。

お皿の中のビジュアルは完全に終わっている。

モネの池みたいな色をしたお湯とアボカドを口に運ぶ。

目をつぶってたべる類のグルメ。

けど、夜。

キッチンに立って緑色のアボカドがじょうずにきれるようなときも私は好きです。

種がポコッてはずれたとき、ニコッてなる。

クリスマスは大好きだけど、11月も淡々と好き。

好きなことをたくさん食べて生きていきます( *´v`* )

 

それではまたお便りします