こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

【感想・継続募集】他人の感想が知りたいと初めて思った物語【絵本・おおきな木】

〒 みなさま

今日は絵本のお話をしたいと思います。

最近読んだ「おおきな木」という本についてです。

 

 

 

*おおきな木について

 

原題:THE GIVING TREE

作者:シェル・シルヴァスタイン

1964年にアメリカ合衆国で出版された絵本。

日本で翻訳されたものは1976年本田錦一郎さんが篠崎書林から、2010年作家としても著名な村上春樹 さんがあすなろ書房からそれぞれ出版されています。

日本語の性質上翻訳する事でさまざまな「含み」が出ますので、両者を比べて読んだり、原文をお読みになってご自身で訳してみるのもまた理解が深まると思います(絵本なのでとてもシンプルな英文で構成されています)

 

*どんな話なのか?

f:id:ma-corpus:20171004034855j:plain

(画像出典元 おおきな木)

 ネタバレなしで言えば、少年と大きな木の交流のお話です。少年がだんだん年齢を重ねて老いていくまでの木との関係性を描いて行きます。

ここからネタバレあり↓

小さい頃から触れ合ってきた木と少年ですが、少年が年齢を重ねるごとに「したいこと・欲しいもの」が変わっていきます。そしてそのたび木におねだりをします。

木は木ですからあり方を変える事はできませんが、いつの日も少年の気持ちに応えようと無償の愛情をただひたすらに捧げます。原題の「THE GIVING TREE」つまり与える木、という名に偽りなく、与え続けて、その身すら捧げます。

小さな子から大人まで全ての人が理解できる言葉で、ただ淡々と少年の晩年までを描いていきますが両者が相手をどう思っているのかは詳細に語られず読者に想像の余地を大きく残していきます。

また作中はシンプルな絵が続き、色も使われていないため、より表紙の緑色が印象深くなります。また、一つ一つのことばがとてもすっと入ってきます。

*一番印象に残ったところ

 

f:id:ma-corpus:20171004034344j:plain

 (画像出典元 おおきな木)

それは少年が大人になって木にする要求です。

あたたかな いえが ほしい。およめさんがほしい こどもがほしい

だから いえが いる ぼくに いえをくれるかい。

(おおきな木 文中より引用)

この台詞だけでも、ちょっとゴニョゴニョ思ったんですがその後の木が「私を切り倒せばいい」という主旨のことを言うのです。

この行動に驚いてしまい、しばらくページを進めることはできませんでした。

この後、終わりに向かうまで私は涙がとまらなくて、苦しくてこんな気持ちを絵本に抱いたのは初めてだと思いました。それは感動ではなくて、悔し泣きでした。

何かが悔しくてたまらなくて、何度読んでも泣いてしまいこれは他の方がみたらどう思うんだろうな・・・と眠る前に考えてしまいました。 

*身近な人でも感想に大きなばらつきがでた

 

f:id:ma-corpus:20171004050859p:plain

 でんきゅうさんの感想

「これは親子関係の話やね。親が子供に愛を与える物語やと思う。木は幸せだったと思う、したいことができたからね。途中で出てきた木は幸せだったのかな?という部分は幸せじゃなかったよねっていう意味ではなくて、離れていく、自立して行く事が寂しかったんやないかなあ。与える事がそのまま満足になるってこと、分かる気がするな。」

(木と少年の関係を親子関係のように感じている)

f:id:ma-corpus:20171004052609p:plain

アイちゃんさんの感想

「木は幸せのつもり、だったんじゃない?木も寂しそうだったけど、男の子も、なんだか幸せそうじゃなかったでしょ?この二人はきっとね、一緒にいたら良かったのよ。離れないで一緒にやっていけばきっと幸せになれたのよ、お互いに与えあっていたらきっっと結末が違ったんじゃないかなって思うわ。ただこれ、人間の本性だと思うと怖いよね。甘えてしまう人は甘えてしまうのよ、いくつになってもね。大きな存在がただひたすら、自分を受け止めてくれるって思いやすい人っているわね。」

(木と少年の関係を恋人や夫婦など男女関係に近いものに感じている)

 

f:id:ma-corpus:20171004050707p:plain

円野まどさんの感想

「とりあえず、憤怒、めっちゃ憤怒。それからすごく悲しくなった。少年の気持ちが分からず、どうにか木の心に気づいて欲しかった。この世で一番尊いものを木が与えてくれているような気がしたし、人間が欲張りすぎるようにも思えた。けど、いろんな人の感想を聞いていくうちに「与える・与えられる」ということがそんなに単純じゃないなあ・・・と今は思っています。木は幸せだったのか、分からなかった。木自身は幸せだとこころから思っているだろうけれど、それを他者が幸せだと言っていいのか、幸せとしていいのかまだ分からない。」

(木と少年の関係を友人など対等な人間同士の付き合いのように感じている)

f:id:ma-corpus:20171004050749p:plain

しゃんさんの感想

「これは・・・どの我侭も木にとっては大したことじゃないんだな・・・人間の一生なんていつまでたっても木からしてみればぼうやなんだよ・・・やばくね?それと木は当然のように喋ってるけど本体は根の方にあったことに驚いた・・・。木、強い。木が幸せだったかどうかについては幸せだったと思う。それにしても木、はんぱねぇ。生き物としての階級の差を見せ付けられたね。いやー木、デッカイわ。」

 (木と少年の関係を、生命としての階級差によるものと感じている)

 

私の身近な人の間でもそれぞれ、視点も受け取り方も違いました。

読む上で、とても重要なポイントの一つに「木は幸せだったか」があると思うのですが、それも見事に意見が分かれて今も楽しく意見交換しています。 

*絵本を読むことをお薦めしたい

絵本ってすごいなあ、とこの頃よく思います。

これは子供のもの、という印象が数年前までありました。

でも今は、大人になってから同じ言葉が違う意味を与えてくれることに気づき時々読み返しています。

そして何より、絵本はとても多くの人と共有できるものだと感じています。

子供も、大人も、高齢の方もみんな垣根なく話題にしやすいものの一つであり、初めての人でも難なく接することができます。

絵本を読んでどう感じるかはその人のお心のものですので、人によってぜんぜん違う思いが生まれると思います。それが読み手に託された作品の興味深いところでもあり、数多の可能性を示すものだと考えています。

正解がない学習は無限に広がることができるから、もしかしたら自分で決めた範囲外の自分が見つかるかもしれません。

家族や、恋人や、友人、どんな関係の人とでも感覚をシェアすることでより相手のことが理解できるような気がします。

もしまだ読んだことがない方いましたらぜひおおきな木を読んでみてください。

読んだ人によって生まれる感想がこれほどばらつきの出る絵本を私は他に知りません。

その点に置いて、これはひとびとの違いを受け止める意味でもよい教材でもあるんだなあと感じています。私も私の抱く感想が「普通」だとはぜんぜん思わなくて、いろんなひとの気持ちを知りたくて書きました。

ぜひぜひ多くの方の感想を読ませていただく機会に恵まれたいと願っています。

書店に限らずほとんどの図書館でも置いていると思いますので、どうぞお手にとってどんな感想を抱いたか教えてくだされば嬉しいです。(*´∨`*)

皆様もおすすめの絵本がありましたらぜひおしえてくださいね。

それではまたお便りします(*´ヮ`*)

追伸

ちなみに泣いてしまった絵本したものはもう一つありましてビロードのうさぎという本です。こちらも読んだことがある方がいましたらぜひお話したいです(*´∨`*)

円野まどより