こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

【ラジオ配信アプリ】Radiotalkを使ってみました【注意点も記載】

〒 みなさま

 

こんにちは円野まどです。

皆さんはRadiotalkというアプリをご存知ですか?

気軽にご自分のラジオが収録できる、八月にリリースされたばかりのまだ新しいアプリです。今日はそれを使ってみましたので・・・その・・・かなり四苦八苦して使ってみましたので・・・レポートしたいと思います( ´ヮ` )

 

*Radiotalkについて

play.google.com

Android

Radiotalk - ラジオトーク

Radiotalk - ラジオトーク

  • Excite Japan Co.,Ltd.
  • Entertainment
  • Free

 iOS

 

 

説明が逆に難しいほど操作は簡単です。

ストアでインストール(無料)する→プロフィールや番組名を決める→録音ボタンを押して収録スタート→配信。これで自分の配信ができます。

ちなみに製作元はブログや翻訳サービスでおなじみのエキサイトさんですね。

 

*出来る事

気軽にラジオが配信できる・・・だけではなく

・音のみでコメント欄がない

・文章でうまく伝えられない話を伝えやすい(ものまねや方言による音の違いなど)

・特別な機器が必要ではなく、スマートフォン一つではじめられる

また聴く側にとっても、ラジオ全般にも言えることですが作業中に流すことができたり、目を休める時間になるのでおおいにメリットがあると思いました。

 

*使用して良かった点・困った点など

・良かった点

操作がとても簡単なこと。

顔を出したりする心配がないので、恥ずかしさが普通の配信よりすこし安心

聴く側として、普段読ませていただいてるブロガーの方のフリートークがきけてうれしい

・困った点

現在のところ、一発取りで配信をした後からしか自分の録音をチェックできない

これは私にとっては大きなことで・・・三回か四回くらい・・・かんでしまいました・・・

他の配信者の方はぜんぜん噛んだりしてなくて、やはり引きこもっている私とは普段の会話の絶対量が違うのでは・・・?口まわりの筋肉量すら違いがあるのでは?という厳しい事実が背中にぴったりとくっついていました・・・

ウフフ・・・あめんぼあかいなあいうえお!!とか毎日言うようにします・・・

かつぜつかつぜつ・・・

あとは、番組を検索する機能がない、または分かりにくいところです。(これについては調査してみますね(〃`・н・´〃))

・難しかった点

あとは困った点ではないのですが難しかったなーと感じたのは

・思ったより声が暗く聞こえるのですこし明るめにする

・気を抜けば棒読みになってしまう

ということです!その後他の方のラジオを聴くと「偉大じゃあ・・・」という気持ちでいっぱいになりました。

それと判断に迷ったのがBGMの著作権についてです。商用利用というわけでもないし、考えすぎなのかもしれませんが一応パブリックドメインのものを使用しました。

しかし音が小さすぎて配信に入っていなかったので・・・これから収録する方は音量の調節も注意ですよ(〃`・へ・´〃)

 

*感想

f:id:ma-corpus:20170916053116p:plain

私もひとつ、「まどれこ」という番組を作ってみて、お話を録音したのですが聴いて見るのと実際に行うのでは大きな違いがありますね・・・!

皆さんなぜあんなにスラスラと言葉や話がでてくるのでしょうか!

でも逆に、誰かとおしゃべりをするようなそんな気持ちではじめたら、いつかボトルレターみたいにとっても気の合う誰かに届いたり、そんなことがあるのかもしれないなって思いました。

インターネットにつづる言葉はボトルレターにとてもよく似ていると思っています。

流れつく先は身近なひとより、遠くの人が多くて、でもいつか自分の元に帰ってくるかもしれない。だからできるだけ、やさしいことがいえたらいいなあと思いながらロールケーキを、深夜に、たべて、しまい、ました。

最後はショックのあまり記憶が途切れがちな箇所がありましたが、

皆さんのお好きなブロガーさんも使っているかもしれないので、これからぜひRadiotalkをチェックしてみてくださいね!

(現在のところ、アプリをインストールせずに聴く方法がわからないのですが、聴けるなら私はPCで聴きたいです。方法が分かる方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください( ´ヮ` ))

 

f:id:ma-corpus:20170916081319p:plain

 

ちなみに私の配信は自分のもっともやばいところをさらけ出していますので、

普段交流がある方は聴かない選択肢も・・・あるんですよ・・・ニッコリ・・・。

というわけで

 

それではまたお便りします!

 

円野まど