読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

人間と記録の歩み

 

 

 〒みなさま

東京は雨が降ってすごく寒いです。

手袋を忘れて出かけたので傘をさしながら手が冷たかったです。

二日続いて明るくないお話をしてしまったので、今日は私が恥をかいたお話でも・・・!と思ったのですが、ちょっとした驚きがありました。

昨日今日の記事が普段のアクセスの10-14倍きてくださっていたことです。

ma-corpus.hatenablog.com


まず第一にですね

ちょっと不安な気持ちになって誤字がないか確認したのですが、前編後編両方に当然のように三個くらいありまして、今後はもう少しよく読まないとと思いました。馬鹿の見本のような人間なので、書き終わったあと最高に小気味良い音でターンッ!とエンターを押してるんですね。本当に恥ずかしいやつです。

アクセスなのですが、いわゆるバズるというものとは違うようなので、もしかしてご不快になった方がいないか考えてみました。

なので少し書き足してみますね。

 

あのブログで書きたかったこと

「わたしはママ友はいらない」と少し過激な言い方をしてしまったのですが、今、お子様がきっかけの友人がいる方を批判する意味ではないのです。

「ママ友」という言葉にある曖昧さから、追い詰められる方がいなくなったらいいなとか後編に書いたように、私が何かを学びたくてまとめてみました。

はてなブックマークのコメントを読みまして、それでも親同士のつながりが大事なこともあるのだろうなということも改めて納得し、とても頷きました。

誰かに何かを押し付けたくて書くことはないので、私がこれからも書くことで全然違う意見を持っていても、読んでくださった方がらくちんというか、しあわせであったらいいなあということをぼんやり考えました。いつも書いてることですが、しあわせでいてください。

改めて思った「書くこと」について

何かの偶然が重なってたくさん来てくださった方がいるので、「次の記事はけっこうかっこいいこと書かなくちゃ・・・」というよこしまな野望を一瞬抱いたのですがよく考えたら私の得意なことは自分の恥ずかしい話でした。

交流のある方はご存知だと思うのですが、私は人付き合いがうまくできない上、日常も殆ど二人くらいとしか会話をしないのでどなたかと交流ができればとボトルレターのような気持ちでここを始めて現在に至ります。

交流をしてくださった方をはじめとして、皆さんとても優れた記事を書いていらっしゃいます。私は普段の人付き合いと同じように、人に伝えることにおいて未熟で、その時思ったことを話すことしかできず、書いたものは何のつながりもなく、ばらばらの話題で、時々それを恥ずかしく思います。へたな絵をかいたり、主観ばかりの文章をかいたり、突然思い出の話をしたり。うまく書きたいなあって思います。昨日みたいにたくさん来てくださったときはなおさら、もっと他のお手紙もうまく書けていたらなって思ったりします。その時話したいことができて、わーこれを話そう!ってついつい思ってしまってお恥ずかしい限りです。最近はたくさん書けばそれなりに大別できるだろうという、時間が解決してくれる案まで生まれていました。

きのう「どうしてうまく書きたいのかな」ってことを考えました。

好かれたいとか、ほめられたいとかそういう不埒な気持ちもあるのですけれど、それも全然小さくないのですが、「書いてることが楽しいから」という気持ちがありました。

 

記録すること

私がお手紙を書くようになって思ったのは私は積み重なった経験と共に作られているということです。

自分のことは何事もどうもうまくない存在の人間だという認識なのですが、それでも私が失敗したことや良かったと思うこと、それら全ての経験から私はできていて、それは当たり前の話なのですが、私はそういう日々の全てを時間に記録するように生きているのかな みたいなことを考えました。毎日が時間に書き込みの連続です。ただの寝過ごしてしまったことも、過去の経験のすべてどれも私に成っています。経験は選択で決まり、選択は私になっていきます。

情報だったら自動的に回収してくれるプログラムがあるような時代だけど、私が経験したことをよどみなく話せるのは今の所私だけなのでたくさん書けたらいいなあと思いました。私は私をいたらない人間だと思うのですが、いたらないからしてしまったことで、ほんの少しでも笑ってもらえたら、すごく報われるし、ほんのすこしでもらくになってもらえたら、私が躓いたことも誰かが躓かないための方法になるんだって思ったらなんだかすごく、書くことが楽しくなりました。

 

人間はとてもおもしろいというか、今日まで子孫を残したり、教育で伝えたりして、進化を続けていますよね。これと、書くことも通じている気がします。

そうしたら私達は記憶や考えをこうして書いて伝えることで、誰かが今より良い状態になることを祈れるんじゃないかと考えました。

何をもって進化をするかは定義が難しいのですが、私にとっては当該人物が今より幸せになることです。

私達は生きながら記録(履歴)を作り、そしてそれはどのような内容でも「経験談」であり、それはすべてどなたかと共有財産になり得ることです。

何も起こらなかった、と当人が感じていることすらそうです。世界中の色んな状況にある人にとって絶対に無益である情報は、おそらく存在しないように思います。

これはとてもすごいことで、すべての人に大きな可能性があることで、今の所自動できないことのひとつで、ひどいアナログで、ひどいあたたかいことだと思いました。

全ての人が生きながらにして、誰かを助ける可能性をもっているといえるからです。

私は現在のところLINEをしていないので、LINEもせずにブログをはじめたことを前時代的だとか思ったこともあったのですが、書くことの可能性に驚き、感動してしまいました。

これは私だけにいえることじゃなくて、今ネットに書いてあるすべての言葉にいえることなのです。それがすごく高ぶることでした。

だからといって脈絡なく話すところが読みにくいことは変わらないのでそこはその・・努力をしますね・・・ムハハハ!

ちょっと今日はよくわからないことを書いてすいません。

頭の中で話があちこちにいってうまくまとまらないのですが、よく日本人はあまり自分の考えを表明しないみたいなことが言われるけれど、書くことに大きな可能性があることあなたの思っていることはすごく価値があることなんですよってことがいいたかったです。

アクセスが本当に私の日常からおおきく逸脱したので、たくさんの目を思いました。

今日のお手紙は途中ちょっと、「本当にこのひと普段人と会話してないんだな・・・サッパリ何いってるかわからないんですけど引くわ話」を挟んでしまったのですが、たくさん読んでいただいて思ったことは、みなさんが書いたものもたくさん読んでみたいなと思いました。

普段きてくださっている方で書くことをしている方はもしよろしければ教えてくださったら嬉しいです。

私がねがってることは、ひとつで、それがあなたがらくになれることや、たのしいと思えることや、満ち足りると思うほうに進んでくださったらうれしいです。

それとここは常に戦争停止地域なのでどうかいたらない点をおめこぼしいただけたらうれしいです、という地球実寸大のあつかましさを最後に発揮して、またお便りいたします・・・!

追伸 文頭にも書きましたとおり、昨日のことは何かの偶然の重なりだと思うのですが、もしもどこかでどなたかが記事をご紹介してくださったということがあれば、よろしければDMにてお知らせください。

 

twitter.com

 

 f:id:ma-corpus:20170109044717p:plain 円野まど