こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

いつも恥ずかしくてたまらないことを笑ってやってほしい

 〒みなさま

 

 

*前書き

 この前新宿のマルイにあるスタバでコーヒーを買って、そのまま同ビルにある屋上庭園で飲みました。寒いとそらがきれいで、代々木方面にあるドコモタワーの先端が真昼の太陽でぴかぴか輝いていました。

私は私のうまくない言葉を聞こうとしてくれる人に出会って、今普通に毎日雑談をしたりしているけれど、それは子供の頃は全然想像もつかないことでした。

私は幼稚園に入る前から、とにかく本を読むことと積み木とカラーブロックをして遊ぶことに明け暮れていて人と会話をするよりも1人で何かに浸っていることを好む子供でした。

それまではお母さんとべったりですごく後追いをしていた記憶があるのですけど、一人で眠るようになってから私は一人で色んなことを考えることが大好きになりました。

大きな窓、ピンクの絨毯、わたしの小さな小さな机の上で難しそうな顔をしていくつも絵本を平積みにしてお腹が減ることも忘れて過ごしました。あの頃は舞う埃さえ反射の光できらめいて、すべてが魔法の中のような世界。

わたしの記憶にしっかり残っています。

幼稚園に通い始めてから、私がすごく臆病であることに両親が気づきました。

登園して泣いたり、嫌がったりはしないのですがジッと時間がすぎるのを待ったあと、帰宅すると熱がでるのです。いつも自分の時間でばかり過ごしていたので、人と過ごす時間の使い方がへたになっていたのだと、我侭病ですね、今ならそれがわかります。

ただあの頃はいろんな事が怖くて、誰かから伸びる手はすべてこわくてしかたなかったです。その反面、誰かと仲良く話をすることをひそかに願っていました。

少しずつ少しずつ、喋れるようにはなっていきましたが自分のことばかり見ていて、客観性が低いせいでいろんなことを吐き違えて、たくさんの恥をかいて今もかきつづけてここにいます。

ただ昔と違うのは、語尾にごめんねをつけなくても話せるようになったことです。

私の自分勝手な逃げや我侭を、今話をしてくれる人がなおしてくれたのです。

知能というのはすごいなと思います。私達人間は自分の意思でできることが数え切れないほどあって、そしていくらでも選ばないでもいられる。だから毎日がおとぎ話みたいに自分がのぞめば奇跡になってしまうというか、本当にすごいことです。だれかが、ふっと話しかけてくれることが皆さんと談笑してみたいと思いながら大きくなった私にはほんとに、奇跡のようなんです。

そんなことを考えながら中学生位の、記憶にのこっていることを書きました。

読めばわかるのですが、わたしはみっともないやつなんです。

でもへらへら笑って今も、聞いて聞いてとここで甘えているから

もし自分のことを嫌いになりそうな人がいたら、私のどうしようもなさでちょっと笑って、元気になってくれたらいいなって思います。

 

*いつも恥ずかしくてたまらないことを笑ってやってほしい(漫画)

 

f:id:ma-corpus:20161218003148p:plain

 

f:id:ma-corpus:20161218003202p:plain

f:id:ma-corpus:20161218003216p:plain

 *後書き

今でも時々いっぱいいっぱいになって緊張して、楽しんでもらおうとしていったことが余計なことだったりして、私は家について布団をかぶってウワアアアうわあああああってなっています。本当に学習のできないやつです。

話してもらえるだけでうれしいのに、好かれたいと思ってしまうなんてわたしの気持ちは果てしが無いなあと思います。

好かれたいはちょっと、あまりにもあれな気がするので嫌われたくないって思ってがんばれたらもしかしたらちょうどよいところにいけるのかなって思いました。

昨日でんきゅうと話してておもしろいことがあって、これブログに書いたら?っていわれて、もしかしたらどなたかに聞いてもらえるかもしれないんだと思うとすごくすごくうれしくて、不思議だなって思いました。

毎日こんにちは、そしていつもありがとうございます。

読んでくれる方が、今日も明日もやさしくてきれいなものに守られていますように。

心をこめて。

またお便りいたします