こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

ほしい物リストについて思うこと

〒みなさま

 

こんにちは円野まどです。

みなさんは「ほしいものリスト」って知っていますか?

私は割と最近までよく知りませんでした、それについてちょっと思ったことがあったのでせっかくなので書いて見ますね( *´꒳`* )

 

*ほしいものリストについて思うこと

f:id:ma-corpus:20171109235407p:plain

*考えたきっかけ

少し前にティーカップを新調しようと思いました。どんなデザインにしようか決まってなかったので、幾つか思いつくメーカーを調べてみました。

気が付いたら絶対買わないのに(すっごく高いのはどんな感じなのかな・・?)と思ってしまい数時間の貴重な時間が吸い込まれて行ったわけなのですが、なんとか現実にもどったらすごく素敵なものが見つかりました。

よくその時はスッゴイいいと思ったけど落ち着いたら、買わなくちゃよかったものとかあるじゃないですか。・・・ない・・・ですか?(探る気持ち)

私はそういう、気持ちが盛り上がって我を失うみたいなところがあるので、いったん冷静になって後でまた確認しようと思いました。

そして少したってまた見てみたら・・・本当に数日のことでしたが在庫がなくなっていたのです。まあまあ物はご縁ですから、生まれて手に入らなかったものは私に縁がなかったのでしょう、でしょう、でしょう??これで・・・いいんだよね・・・?とだんだん病んでいきつつですね・・・最近考えた事とこの件がクロスしたのです。

それは「ほしい物リスト」のことです。

実は私はこの「ほしい物リスト」にネガティブな印象がありました。乞食なんて、揶揄する人もいますよね。そこまではさすがに思えないのですが、寄付を募っているように見えるところはどこかにあったし、私に根付いている価値観のせいもあったと思います。

*「もらう・いただく」ことに対する考え

私は子供の頃からきつく言われていたことがあります。

「女性として生まれたからには、いつか男性に物を贈られるようなことがあるでしょう。しかし、理由や気持ちのないものは頂いてはいけませんよ。誰かに物をねだるものは、ねだるなりの顔になり、それはいつか落とせない泥となります」

そのように言われていました。顔に出る、ということが特に怖かったです。

何も白状しなくても、相手には自分がお見通しになることって、恥ずかしい事だらけの私にはそのときなんだかすっごい怖かったです。

悪い事や情けない事をしなければいいんですけど、気付けば失敗してしまうから。

そんな話をされた最初のきっかけがありまして、小さい頃、友達がその方のお父様の大切にしている石を持ち出して私にプレゼントしてしまったことがあったのです。

おさな心の成せるものと申しますか、恋愛感情があるような年齢ではありませんでしたし、単純に優しさや自分が良いものを持っているという誇りや親愛の情を表すためにそれを分けてくれただけだったのですけど、大人同士にとってはそうもいかないのでとてもきつく話したのだと思います。

私はものを理解することの柔軟さにかけるところがあって、例えば大学の教授であったり、仕事先の上司であったりなど目上の人に気持ちよく奢っていただくことができません。申し訳なさや、その方を利用するような気がして不安になるのです。

年上の人ってたまに「おごるために来てるんだからいいのいいの!」って言うじゃないですか。それが方便なのか、そうする役割がないと来ちゃいけないような気がしてるのか、ちょっと深く考えすぎちゃうんです。

誰かとお話できるだけで楽しいし、そんなこと思わないでほしい、でも気持ち良くおごることでリフレッシュする方もいるらしい、どうしたら・・ああどうすれば!みたいな昔からある葛藤をひきずって生きています。

自分の感情ばかりにとらわれてお相手の立場を尊重できてないのかもしれないし、でもこれって理由をつけて相手を利用したりしてないかなとかとにかくぐるぐるしちゃう。

楽しくごちそうさまでした!と言えるほうが相手の時間やお金を有効にする時もあるのに、どうしても気持ちがひけてしまうんですよね。

みなさんは「おごられる」ことってどう受け止めていますか?

さらっと真っ白な考え方に一度直したいなってずっと思っています。

*欲しいものリストの側面

しかし先日、そんな「何かを欲しいことを表明すること。」への意識を変える出来ことがありました。私の好きなブログの方が「ほしい物リスト」を作成していたのです。

その時私はなんだかすごく、スッと長年の重みが落ちたというか、そんな気分になりました。単純に、その方の好きなものが知れて嬉しかったのです。

そっかあこういうものがお好きなんだ、ではこういうことがあったらお知らせしようとかこういうのが好きということはこういうのも好きかなあと、気持ちが広がって行って、ただただ楽しく思いました。

ほしいものリストがあるから、その方の好みがわかりますよね。

それで贈りたい方は贈ればいいし、贈る気持ちがない方はスルーしてもいいことなんだ。なんていうかそれはお相手同士のことです。

差し上げるかどうかの心配まで私がすることではなかったのです。

贈る方が、贈ることと何かを等価もしくはそれ以上のことと思えるかどうかが大事な事だと思います。

しゃんが昔「ギフトは贈る側の娯楽」といっていたことを思い出しました。

確かに私が誰かに何かをプレゼントする時は喜んでくれたらうれしいなとか、お役にたちたいなとか、自分が嬉しかったり、そうしたかったりするものだなあと思います。

うまくいえないのですけれど、私は先入観にとらわれて、ポジティブな使い方を放棄していたんだなあと思いました。

ほしいものリストの側面には、その人の好みが知れる嬉しい部分もあるんだなって気付けてなんだか得した気持ちです。

だから今は好きな皆さん全員にほしいものリストを作ってほしいです。

あなたの好きなものが知りたいから。ぜひ作ってみてくださいませ。

落ち込んでいる方がいらっしゃれば贈らせていただく機会になるかもしれません。

ほしいものを知られるのは自分の本棚を公開するようで少し恥ずかしいですが、これは利点がもう一つありまして、欲しかったものを買うのを忘れるということを防ぎます。

私も買い忘れないようにチェックしなくては、一番買い忘れてこまるのはコーラ!

コーラ大好きです( *´꒳`* )!

 

それではまた、お便りいたします!

 

円野まど