こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

筆者のちょっとした話

 〒みなさま

こんにちは円野まどです。

トップにも自己紹介を載せているのですが、私の考え方の癖みたいなものがあるのでそれを明かしたいと思うようになりました。

それは私が書く『~についてこう思う』っていう意見がどんなバックグラウンドで書かれているかを知っていただくことがより中立なお話に近づけるかなと思ったからです。

それではTOPのプロフィールを読んだことがない方のためにまず簡単に紹介を。

f:id:ma-corpus:20171108010036p:plain

*筆者円野まどの自己紹介

 *基本構成

円野まど・女性・東京在住・内弁慶で引きこもりの甘ったれ。

知りたい、という欲求が強い。

円野の読み方は「まるの」ですが、よく「まどのまど」だと思っていたとか、「えんのさんだと思っていました!」と言われるので恐らく「まるの浸透率」が一番低いと思います。もちろん呼び方は何でも良いです。まどのまどもマドマドしてていいですよね。

名前の漢字を音読みにして愛称をつけたり、省略したり、それぞれがそれぞれに読んでくださるのもまた楽しいことですよね!学生時代を思い出します。

私はネガティブマインドなので今から叩かれることを想定して、叩くようの名前も考えておきますね・・・。まどかすとか、よだれ猫やろうとかいかがでしょう・・・。後は電波やろうですね。私の自画像の頭にのっているのはベレー某ではなく電波の基地局なのです。情報用のアンテナと、電波系人物(頭ゆんゆん)であるというつっこみやすさとつっこみにくさを同居させた設定です・・・!

 

*読むのが面倒な方へ

私ごときの自己紹介を誰が読みたいのかちょっと不安になったので2枚にまとめておきました。宜しければご査収ください!

f:id:ma-corpus:20171108003628p:plain

f:id:ma-corpus:20171108003646p:plain

*環境・性格

引きこもりと書いてあるけれど本当に引きこもりです。

都内で家事や他愛もない取り柄で家に置いてもらっているまじりっけなしの居候です。

有体に申し上げて友人もいません。知り合いと呼べるような人はいるのですが、なかなか誰かと関係を築くことができず、今緊張しないで話せる数人の人はもう友人を飛び越えて家族のような感覚です。狭くすっごく深く、みたいな人間関係を形成するタイプの生き物なのかもしれません。

私のまわりにいる人は性別にとらわれない人が多いのですが、生物学上は男性の人もいるため何だかお色気!なお話があるかなと思った方がいらっしゃいましたらすいません。円野まどにどうやら色気はないようです・・・。

漫画や何かの設定なんでしょ・・・?と疑いたくなる程、「いや、ちょっとはちょっとあるでしょ?」と首をひねりたくなる程、ありません。からっぽのラムネの瓶を目一杯振って(あっ、今一滴出たかも?!)と思うくらいはあるかもしれません。

書いてて切なくなってきたので次の話題に移りますね・・・?

*ちょっと重めの話

私の根本と、ブログを書こうと思ったきっかけがリンクしているので自己紹介がてらそのこともすこし書きますね。 

なんかこう「この女闇深い」話なので、苦手な方はさわやかスルーですよ。

*コンプレックス

私は高校まで友達がいませんでした。すこし話をするくらいの子はいたのですが、女の子とこころを分かち合って 相談しあうようなことは殆ど経験がないです。

大学に入ってから、そういう人間関係のようなものを始めさせていただいたのでまだまだ緊張しています。

それ以前も仲良くしたくなかったわけではなくて、どうしても変に意識して輪に入ろうとしてしまって、いつも恥ずかしい失敗をしました。

友達が出来なかったのはいじめとか仲間はずれとか人のせいではなくて、私がいつも誰かと接するとき色んな事を間違えてきたからです。

 

そんなこんなでずっと友人らしい友人と長く付き合ったりしていないのでふとしたところに粗相があるかもしれません。その都度きちんと失敗を受け止めて直したり、そもそも失敗のないようにしたいとは思うのですが今からちょっと緊張しています。ブログを通じて様々な発信をする上で、失敗することもあるかもしれません。その時は誠実にそのことに向き合いたいと思います。

競争することが苦手なので、どなたさまとも争わないことを本当は望んでいます。

ずっと人と関係がかみ合わなかったから、今でもなかなかうまく話すことができません。(ちなみにチャットだとものすごく饒舌な事もありますがそこはネットゲームで鍛えました)ブログを通して、人とお話することをいっぱい練習したいなと思っています。

*私の性意識

それと私は性意識が曖昧なところがあるというか、友達があまりいなかったので女の子に対して照れてしまうときがあります。二次元の存在というか、それでついつい好かれたくてたくさん褒めて(もちろん本心からです)しまうところがあるのですが、ストレートに感じたことを伝えることで、バカにしてるとか思われないことを願っています。

自分を男性だと思ってるわけではないんです。

でも、女の子の様なきれいな存在ではないような、そんな気持ちがあります。

*ブログの中心にあるもの

私そのものがちょっと自意識過剰というか、思い込み激しいところがあってすぐ恥ずかしくなってしまうところがあって、話すことはそんなに上手ではないのです。

このブログ全体における柱の一つに、昔、お母さんに言われた

「上手く話せない時は書いてみよう。」ということがあります。

まだまだ書くことも上手にできない私ですが、たくさんの手紙を書くことでみなさんとお話をするように、自分を伝えていけたらと思っています!

あと最近思うのですが、友達いるといえばいるのかな・・・?と思うので

女の子の友達がいません。恋愛相談をして一緒に肩を抱き合いながら泣くような友人を捜し求めて生きていきますね・・・。ウフフフ。友情系少女漫画、大好きですよ!

いろんな世代の方と仲良くしたいので、年齢は非公表としていますが話すことで大体わかってしまうと思いますがそっとお見逃しいただければ幸いです。

私自体。人間関係の線をつなげられるようになったばかりでまだまだ慣れないことも多く、たとえ中学生の方でも小学生の方でも刺激をもらうことが多いです。

高齢の方のお話に胸がきゅっとなることもあったりするのがこのインターネットの世界。

年齢を線引きに誰かとお付き合いしないのはとても勿体無いことだと思っています。

だから幅広い方と仲良くできますように。心から願っています。

いつも本当に本当にありがとうございます。

読んでくださってありがとうございました。

これからどうぞよろしくおねがいいたします!

それではまた、お便りいたします。

 

 

円野 まど