読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

サン大先生のおしえ

 

 〒みなさま 

 

 

用事があって大泉学園に行ったのですが、お昼に迷ってあるお店へ行きました。偶然見つけて入ったのですが、そこは有名なお店だったのです。

普段なら甘いものを頼みたいところですが、しょっぱいもの!!しょっぱいもの!!というしょっぱいもの原人状態でしたのでうほうほとゴハンものの部分を食い入るように見ました。

どんなお店なんだろうと、イヤらしい性格の私はすぐに検索をはじめました。

そのお店で一番美味しいものを逃したくない、みたいなそういう意地汚さがすごいあります・・・。

そこですごく評判の良いお店だということを知り、まるで自分の手柄のようにサンに報告。「ああそうなの、おいしそうだよね。」とお店のたたずまいを見渡しながら落ち着いて答えるサン。私の品の無さが浮き彫りになりつつ、また入魂のメニュータイム。

焼きそばにしようかナポリタンにしようか、すごく迷いました。

「私焼きそばにしようかな?」

「んーじゃあ俺も。ナポリタン食べてみたい気もするけど。」

「えっ、じゃあ別々に頼もう。一口交換できるし!」

そういったらうーんと、いう感じでどうしても気乗りしない感じの態度のサン。

「私もどっちにするか決められなかったよ。サイトで焼きそばがおいしいって書いてあって、それで決めたんだ。別々のにしよう?」

といいました。いつも違うのを頼んだりしてるのに、どうして今日に限ってと思っているとサンがちょっと声を落として

ナポリタンはいや?」

と言ってきました。同じにしなくても交換・・・と三度めのセリフをいいかけて、なんとなく、「今日は交換とかしないでナポリタンが食べたい気持ちなのかな?」と思いなおしました。そもそもお店で一口交換するのって、誰もが好ましいと思う行為ではないし、本当はいやな方もいるよなあとか色々考えて、よしっと決めました。

「わたしもナポリタンにする。」

そういうと、サンはいやじゃない?と確認をしてくれた上で注文をするためにお店の人を呼びました。

やさしそうなおじいさんがゆっくりやってきてくれます。

こちらはおじいさんがお一人でやっているようなのですが、おいしいもの作る方ってなんかこうそういう雰囲気があるじゃないですか。そういうおいしいぜオーラバンバンでした。ほっぺがなんか、そういう雰囲気一番だすと思いませんか・・・!なんかすごくつやつやした感じで・・・うふふ。

注文したあと、おじいさんが奥で作っている間サンはあたりを見回して、お店の人がいないことを確認して言いました。

「こういう時は、同じものを頼むのが俺はいいと思ってる。俺もさっき調べたんだけど、ここは少し前に奥さんが引退してて今はおじいさんが1人で切り盛りしてるんだ。おいしくてステキな店が長く続くように、客にできることもあるって思うんだよ。無理にガマンしろとはいわないけど、ステキな店が長くつづけられるように出来ることがあるなら、それがいいでしょ?客の心意気っていうのもあると思うんだよね。」

その話を聞いてすごくハッとしました。

そしてすっごい反省しました。確かに同じものを2つ作る方が、別々なものより負担が小さいです。

こちらの方はずーーっとおいしいものを作り続けてくださって、サイトのコメントも一度いったら常連にならずにいられないという言葉がいくつもありました。私達がポッと行っても、すてきだなあって思うようなお店で、いただいてみたいものもたくさんありました。

f:id:ma-corpus:20161118035729p:plain

 

私はサンが、店主の方のお年に対して、過保護に気をつかったり、若者として哀れんだりしてるのではなくてずっと一つの仕事を頑張ってきた人にすっごく敬意があるんだなって分かりました。

だから自分のまわりを見れていないところもとても反省したし、それになんていうかサンのこともサン大先生だ!!!!って思いました。

そんな反省や感動につつまれて アアアア・・アアア~♪ア~♪と自分のテーマを流しているとき、ソレ は到着しました・・・。

 

f:id:ma-corpus:20161027043755j:plain

ギュ オイシイイイ!!!!!!

 

脳内のシンデレラ城の後ろでドンドンパンパン花火があがりました。

すごくおいしいです。(きりっ)

これは、当たり前だ・・・この店主さんを出来るだけ保護しなくてはという使命感に溢れる味です。及ばずながらお守りしたい・・・!おいしいもの神ですこの方はおいしいもの神のメンバーです・・・・

あまりにおいしくて食後パンケーキを頼んでしまいました。(負担をかけないと誓ったに関わらず再注文)

 

f:id:ma-corpus:20161027043812j:plain

本当においしかったです。そのままでもおいしい味でした。

たまにありますよね・・・こういう何を頼んでもすごい点数のおいしい点をたたき出すドゥルルルルル(ドラムロール)100点!みたいなお店が・・・ここはまさにそういう所だったんです。

普段大泉学園に用事がないので、次にいつ行けるのかわからないのですがここは本当にすばらしいところでした・・・静かだし・・・!

お店を出るときにめちゃくちゃお礼がいいたいような気持ちになったのですがそこはぐっとこらえてごちそうさまでしたって大きな声でいいました。

給食の最後ばりに大きな声を出したかったです。あああすべての命に感謝あれ・・・。

私はその道一筋で努力をして、積み重ねてきたものに大変弱いです。

ずっとずっとこういう人がずっと終りなく続いていけばいいのに

食べ終わったあと、炭水化物祭りの代償としてめちゃくちゃ歩いてから電車にのって帰りました・・・

みなさんも、自分の大好きな味を作ってくれる人をとてもとても大切に・・・!

いつもより温度高めなのは私はたべること大好きだからです・・・!!

では急に涼しくなりました。あたたかくして、過ごしやすくなさってくださいね。

またお便りいたします

円野まど