読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

東京に住みながら、孤島を築いている。

 

 〒みなさま

 

東京はすっかり寒くなっていますが、あなたの住んでいる街ではどうですか。。

私がお手紙を書くというサイトを始めたことには理由があります。

関わりあうということには何度も挫折を経験しています。

私は今までずっと、人間関係というものから逃げてばかりいたので何をどうすれば良いのか分からなかったのです。

けれど、その自意識の鎧みたいなものの脱ぎ方が少しだけ分かったような分からないような気がしたので、書くことから始めてみたく思います。

私は、机の引き出しを整理するとき、ばらけている箇所だけではなく、一度全部出してから片付けるタイプなので、またこうして何度も失敗してやり直したり最初から全部やってみたりするかもしれません。

けれど、繰り返すことで少しずつ積み上げていけるものがある筈と挑戦をやめずにいられたらいいなと思います。

まず最初に、今日はタイトルにしたわたしの【孤島】についてお話したいと思います。

孤島

陸地や他の島から一つだけ遠く離れている島

出典 http://dictionary.goo.ne.jp/jn/80407/meaning/m0u/

私は、現在何のためらいもなく電話をかけることができるのは二名です。生まれた時から一緒だった家族じゃなくて、しっかり成長した後から知り合った二人です。

特に虐待されていたとか、何かの事情があるわけではないのですが、私は気難しい子供だったのではないかと思います。

幼い頃から理由が明確じゃなければ、ここに居ても良い理由について考えたり、明確な根拠のないものに対して何とも居心地が悪くなるような性分でした。

黙ってうんと言えば良いことに、いつまでも捉われてしまうようなところがあります。

問題があるのは生育過程ではなく、明らかに私でした。

私は他者から十分な教育や発達の機会を与えられながら、コミュニケーションが上達しないまま大人になっただけなのです。

そして何かを好きになると、それだけに時間を使いたい自分勝手なところがあって、他人への説明を欠いてしまったり、私自身に多くの落度があって、今では他人と話すと高熱が出るようになってしまいました。

でも不思議なことに、カフェで人をのんびり見ているのもどなたかの幸せそうな姿をみるのは大好きです。(不覚にもだいしゅきですと書いてしまい、キーボードが陥没しそうな位の強さで消しました)そこに人がいてほしいけれど、交わるのが不安なのです。

それは私自身が他人と接触できる部分を、今までたくさん削ってけずって自分の身を守っていた証拠なんだなあというようなことを考えます。情けないことですが、それはとても落ち着くし、不和を生まない方法でもあります。

そうかと思えば、お店でケーキを頼む時に年々か細い声(これください)になっていることとか、これはまずいなと考える部分もあります。人は過ごしてきた時間の蓄積で作られていて、こうしている間にも私の細胞はめまぐるしく変わっているのでしょう。

それでも、私の生活は大体の部分において滞りなくうまくいっています。居候の代わりに、家事や雑務をこなして(たいしたことではありませんが)、少ない人間関係ゆえに決裂することもありません。けどこのごろ、自分がこのままではだめな気がしたのです。

本当は成人したとき、そうすべきだったのですが今更ながら私はわたしのあり方を見直さなければならないときがきたんじゃないかなって思います。

どなたかに迷惑をかけるわけでなければ、今の生活のままでも、多分いいのです。

けれど、私は私のしていることを「理由をもって自分で選択する」ことをしなくちゃいけないと思うようになりました。人生は叶えたいと思うことを叶えるものだと思います、私は今一度自分の叶えたいことを考えて、決めていけたらと思います。

自己紹介になればと日々のことを書いたりもするのですが、人様にお伝えすることになれずお見苦しいところもたくさんあると思いますがどうか笑っていただけたらと思います。

これからどうぞよろしくおねがいいたします。一年後はこの緊張したお手紙が笑いとばせていますように、それと読んでくださったかたと私が明日もいい一日でありますように。心をこめて。

それではまたお便りいたします

 

円野まど

 

f:id:ma-corpus:20161117225353p:plain