こちら孤島のまどよりお便りします

円野まどの恥の多い日々の記録

はじめに

 

 

   2016年8月6日 こちら孤島よりお便りします。

 

このサイトについて

f:id:ma-corpus:20171110024754p:plain

【はじめに】

はじめまして円野まどです。まるのまどと読みます。

このブログは東京の真ん中で暮らしながら、殆どが一日に一人か二人としか喋らない、そんな人の日常と雑感を書いたものです。ここは自分で築いて出口を忘れた陸の孤島(人間関係のごく少ない場所)です。

私はお話することが苦手で、中々人と交流することが出来ません。幼いころ母に教えられた「うまく話せない時は書いてごらん」という言葉を思い出し、ここから皆様にお手紙を綴ることに致しました。他愛もない話から、社会について思うことまでボトルレターのようにどなたかの目に触れることを夢見て書いています。共有したり発見をしながら成長できるコンテンツにしていければと考えていますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

【身近な人のお話について】

身近な人とのお話は、周囲にご迷惑をかけないよう、フェイクをいれることがあります。数割フィクションの、事実をもとにした創作の部分もあると思ってご笑覧いただけたらと思います。

【当たり前のように登場する人】

ひきこもりの私と、性別や立場・出身にとらわれない仲良しの3人がよく出てきます。

 ひきこもりで、虚弱体質。ですが体調を崩している時以外は元気そのものです。本人は儚い感じではなく、とても食い意地がはっています。数えてみたら、通算50人くらいの異性に何の脈絡もない場面で【色気がないといわれているので、それは有力な情報になります。小学校中学校高校と、友達が殆どいなかった為、同性への気持ちが憧れになってしまい女の子の前にいくと緊張して空回りしがちです。紅茶と建築と美術の他に、何でも知ることが好きです。外で人と話すとき声が出ないなど重度の人見知り。日々小さなことで大きく動揺して生きています。

しゃん 私の保護者のような人。男性にも女性にもその時楽しそうなものになりたい!というタイプ。面白いことと美しいことをとても大切にする人。画家の孫で、性別にこだわりがない。1000%クール。私が大学三年の時出会ったとっても信用できる人。

こんなに気が合う人はいないくらい気が合う。勘違いで暴走することも多い私を何かと諭してくれ、時には母のようにそして時には父のようにしっかり支えてくれます。今をもって尚関係を説明するのが一言では難しいので、ご想像にお任せするところはそうしたいと思います。

でんきゅう 私の縁戚で、弟のような存在。ネグレクトを乗り越えた尊敬できる人でもある。友達とも言える。九州から来たもと不良の現在好青年マッチョ民。スムージー作りにはまっている。

アイちゃん 私の10こ上くらいの姉のような存在のオネエさん。口調は女性、見た目は男性、心は両方という人間の全てがつまっている。男性でも女性でもない、カテゴライズしない生き方を選択している。とってもおしゃれ。(2017/4 アイちゃんの項目を加筆)

私がもし絵画になったらタイトルは【色気の不在】になると思うので、ドロドロしたことが書かれる事はないと思います。

 

長くなってしまいましたが、日本のどこかにいる人たちの話だと思って読んでくだされば幸いです。 2016/11 

*私がパーのせいでめっちゃ身バレするような箇所が幾つかあったので、多少のフェイクと本当を混ぜて書くことになりました。どういう関係でどういうことになってるの?という場合親しい人には説明します。ストップ身ばれです・・・!

何となく、思うところはご想像にお任せします( *´꒳`* )

【ご不快に思われた場合】

小学校の頃から殆ど友人がいなかったため、話したいことがあるわりにおかしいところもたくさんあるかもしれません。何かを書き続ければ誤解や、人によっては嫌悪感を抱かせてしまうこともあるかもしれません。どんな言葉にもあえて不愉快な思いをさせようとか、どなたかを威圧したり、傷つけようとするきもちは絶対ありません。表現によって【どなたかに著しい被害のある誤解が広まったりする、どなたかに具体的に損害が生じる】以外の場合はあまり記事を修正しないと思いますのでご不快になられた場合閲覧を停止してください。

【お問い合わせ・プライバシーポリシー】

その他、筆者のプロフィールとサイトの概要についてはこちらに記載させていただきました。PC版もスマホタブレット端末版にもお問い合わせを設けています。何かあればご活用ください。

見当たらない場合は

marunomadoアットgmail.com

↑こちらからお願いします。

それでは、本日より皆様にあてのない手紙を書いていけましたらと思います。

こちら孤島のまどより、これからお便りいたします。

 

(C) 2016  円野まど